睡眠不足が続くとどうなる?

睡眠不足が続くとどうなる?

睡眠不足が長引くと

不眠に悩む男性

一口に不眠症といっても、睡眠負債が膨らんでいるのか、それもと負債はあまり存在しないのかでその意味はまるで違ってきます。

 

睡眠負債がそれほど無い状態であれば本人がどんなに「眠れない」と危機感を持っていたとしてもそれほど心配はありません。

 

しかし、睡眠負債が慢性的に累積して疲労がドッシリ溜まっているのに眠れない状態の人は話が別です。

 

この場合、脳に対する影響は大きく分けて二段階で生じます。

 

睡眠不足による脳への第一の影響

 

脳に対する睡眠不足の第一の影響としては神経細胞の伝達ミス・伝達不足です。これは数日程度の睡眠不足に伴って発生する反応で、日常においては仕事の凡ミスやちょっとしたド忘れといった形で現れます。

 

脳の神経システムは神経細胞(A)から別の神経細胞(B)に伝達物質を送ることで情報を処理しています。

 

ところが、睡眠不足が続いて脳を酷使すると、神経細胞(A)が送るはずの伝達物質が枯渇して情報を伝えられなかったり、伝えたとしても受け取る神経細胞(B)がそれをキャッチできなくなったり、といった事態が起きてしまいます。

 

これはキャッチボールに例えると分かりやすいかもしれませんね。ボールがそもそも無くなったり、B君がボールをキャッチできなければ上手くいくはずもありません。

 

 

不眠で起きるもう一つの重要な現象はストレス・ホルモン(副腎皮質ホルモン)の分泌が高まるという点です。

 

これはどういうことなのか具体例を挙げると、試験前日に眠れなくても試験をしている時は頭が冴えたりするケースがこれに当たります。

 

 

この二点から、短気の不眠の場合には神経疲労の影響とストレスホルモンの作用が綱引きのように作用しているといえます。

 

その意味で、眠れないからといって朝まで徹夜で活動してしまうと神経伝達物質が不足していくらストレスホルモンが高まってもパワーが出ない、ということになってしまいます。

 

眠れなくても目を閉じて横になり、休養しておくことはそういう意味でとても大切なんですね。

 

睡眠不足が一週間以上になると・・・

 

次の段階は一週間以上の長期に渡る睡眠不足が続いた場合に生じる症状で、これは神経細胞自体がダメージを受けるという形で現れます。

 

第一段階を経て過剰に興奮し続けたり、神経細胞に不具合が何日にも渡って発生すると神経細胞が傷付くだけではなくダメージが蓄積されることで修復すら困難になってしまいます。

 

その結果、脳が委縮してしまい、様々な面で体に悪影響が波及します。具体的には成長ホルモンの低下・鬱病の発症などが有名です。

 

 

こちらのページ→(睡眠は自分でコントロールできる)でも説明したように、睡眠不足は生活習慣病よりも死亡率との密接な関わりがあります。

 

人生の1/3を占めているだけに睡眠は人生においてとても重要な存在なんですね。

 

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 寝ても疲れが取れない|TOP

関連したページ

広がる慢性疲労症候群
現代に広がる寝ても取れない疲れは慢性疲労症候群という名前でじわじわ広がっています。2015年の5月に厚労省が行った調査で出た驚きの結果とは・・・
疲れと食事の関連性
疲れを上手に取り除くには毎日食べる食品に気を使うことは基本中の基本となります。ここではそんな食品の中でも特におススメのものを挙げたいと思います。
睡眠障害は子どもに多い
睡眠不足・睡眠障害と言えば働き盛りの労働者の問題として取られられがちですが、実際は子どもの間にもじわじわ広がっていることを皆さんはご存じでしょうか?ここでは今子どもの間に広がる睡眠障害について解説します。
睡眠障害が長引くとうつ病に
睡眠障害には具体的身体への影響も数多くありますが、それ以外にも気分や意欲、感情といった人体の内面への影響も無視できないレベルで多く存在します。ここでは睡眠障害が長引くと鬱病のようになる点について解説していきます。
睡眠不足の影響
睡眠不足になると体には具体的にどのような影響があるのでしょうか?ここではそんな不眠にまつわる問題点を一覧にしてまとめてみました。今現在睡眠不足で悩んでいる方は参考にして頂ければと思います。
徐波睡眠とは
睡眠時間が足りなくなると体の至る所に様々な悪影響が現れますが、人間の顔とてその例外ではありません。ここでは睡眠不足が行き過ぎると老け(老化)を促進させてしまうという点について、徐波睡眠の話も交えながら説明していきます。
睡眠不足は借金と全く同じ
いくら寝ても疲れが取れない・10時間以上眠ったのにまだ眠い・・・皆さんはそんな経験がありませんか?ここでは睡眠不足を借金と比較してその性質について論じてみました。
寝付きが良い≠健康
不眠症に悩んでいる人からすれば寝付きが良い人は憧れの対象ですが、実は寝付きの良さは健康とは結びつかないことを皆さんはご存じでしょうか?ここでは寝付きと健康の関連性について解説します。