泣くことで疲れを取る

泣くことで疲れを取る

泣くことで疲れを取る

大泣きする人

 

感情的に泣くことはストレス解消という意味で効果的ですが、実はこれ、疲労回復という意味でも非常に効果的です。

 

泣くことはエネルギーを使うから逆に疲れるんじゃないの?と、思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

 

人間は泣くと交感神経から副交感神経が優位になり、ストレス状態からリラックスした状態へと変化します。

 

あなたも子どもの頃に大泣きした後、妙に冷静になって心が落ち着いた、という経験はありませんか?

 

あれはまさにストレス状態からリラックス状態になった証拠です。

 

そして泣くことの効能はそれだけに留まらず、泣いた後はエンドルフィンという物質が分泌され、これが悲しみや痛みといったストレスを和らげるので、深い眠りの導入にもってこいというわけです。

 

悲しいことがあってベットに向かって大泣きしていたら気付いたら朝になっていた、というのはまさにこのエンドルフィンにお蔭といっても過言ではありません。

 

泣く、というと厳しい現代社会ではどちらかというとネガティブに捕えられがちな行為ですが、たまにはおもいっきり泣いてみると良いかもしれませんね。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 寝ても疲れが取れない|TOP

関連したページ

お喋りで取れない疲れを解消
寝ても取れない疲れはその多くに何かしらの原因があります。ここではそんな疲れを解消するのに役立つお喋りがもたらすストレス解消効果についてご説明したいと思います。
首マッサージで取れない疲れを取る
寝ても取れない疲れはその多くに何かしらの原因があります。ここではそんな疲れを直接解消するのに役立つ首のマッサージについてご紹介したいと思います。
夜のメールチェックを控える
疲れはその多くに何かしらの原因があります。ここではそんな疲れを解消するのに役立つ方法で意外と知られていないメールチェックを挙げたいと思います。
家電量販店で疲れを解消!?
疲れの解消法には様々なものがありますが、意外と忘れられがちなのが大きな家電量販店を活用した疲労回復方法です。私もこれを初めて聞いたときは目から鱗でした(笑)知らなかった人は是非活用を検討してみてはいかがでしょうか
昼寝で疲労を取り除く
疲労を最も効果的に取り除く一番の方法は睡眠であることに間違いありませんが、その中でも特に昼寝は非常に優れた疲労回復効果があることで有名です。ここではそんな昼寝の効能についてご説明したいと思います。
睡眠は自分でコントロールできる
眠れない・寝ても疲れが取れないという多くの人はその自分の不遇さに嘆き悲しんでいるケースが往々にしてありますが、諦めるのはまだ早いというもの。 現代は睡眠障害に関わる研究がどんどん進んでいて、その解決も容易になってきています。諦める前にまずは正しい知識を身に付けてできることから始めてみませんか?