睡眠は自分でコントロールできる

睡眠は自分でコントロールできる

睡眠は自分でコントロールできる

睡眠管理

 

多くの方がご存じのように、人間は人生のうち、1/3を眠って過ごすと言われています。

 

それほど睡眠は人生の大きな部分を占めますが、この睡眠の問題で悩む人は多く、日本人の5人に1人が何らかの睡眠障害を抱えているとも言われています。

 

一部の睡眠障害は生活面にも健康面にも非常に重大な支障をきたし、また、不眠が重大な疾患のサインであることも少なくありません。

 

 

しかし、そのことを単に「ちょっと疲れているだけ・眠れないだけ」と片づけて我慢している人はかなりの数にのぼります。

 

早期に手当てすれば速やかに改善できていたケースでも睡眠障害が続くうちに症状が悪化・進行してしまうというケースは多くあります。

 

※かくいう私もこのケースでした。もっと早くから自分の身体を気遣ってあげていれば苦労することはなかったのに・・・と、どれだけ後悔したことかっっ!

 

睡眠時間は喫煙や運動・血圧やコレステロールといった生活習慣病の原因よりも死亡率と強い関連性を示しています。

 

つまり、睡眠習慣は健康維持や長寿とダイレクトに関わっている、ということがいえるわけです。

 

ここ10年20年で過労死の問題が社会的に大きく扱われるようになりましたが、ある研究者は「過労死は睡眠時間をしっかり確保するだけで9割防ぐことができる」とまで言うくらいです。

 

とにかくTime is Moneyの精神であくせく働くことばかりを追求しがちな現代人ですが、睡眠時間(寿命)を削ってまで働く理由は何なのか? 

 

 

一度自問自答する必要がありそうですね。

 

 

健康な睡眠とは?

 

睡眠時間は短すぎても長すぎても死亡率を向上させることになりますが、最も健康的だったのは睡眠時間が毎日7時間前後をキープしているような人たちです。

 

しかし、多くの現代人はこれよりも短い時間しか寝ていないのが現状です。まさに睡眠時間を削ることで寿命をも縮めているといっても過言ではありません。

 

不眠症の人ではせっかく寝床に横になってもよく眠れないという睡眠効率の悪さが理由で日常生活すら非効率にしている人も少なからずいます。

 

忙しい現代人が少しでも睡眠時間を確保するためには睡眠効率を高めてよい睡眠を能率よく取ることが必要になります。

 

睡眠の原理を知ると自分の睡眠をコントロールすることはそれ程難しいわけではないことが分かります。

 

それを日々実践することで少し長めに寝たり、少し早く起きたり、眠気が来る時間帯を早くしたり、遅くしたり・・・ということも自分で調整できるようになってきます。

 

自分の体は自分で面倒を見てあげる

 

快適で質の高い睡眠を取ると結果的に日中の意欲や集中力が高まり様々な面でメリットがあります。

 

中にはもう少し厄介な睡眠障害(それこそ睡眠時間は確保できているのに疲れが取れない、等)を抱えている人もいるかと思います。その場合には適切に原因を見極めてその状態に即した治療や対処を行っていく必要があります。

 

幸いなことに、今はインターネットが発達しているおかげで自分の求める情報にアクセスするのは容易になっていて、当サイトでもグッスミンやクビックスのような解決策を示しています。

 

睡眠障害について、適切な知識を持って正しい対処をすることは快適で質の高い毎日を過ごすのに役立つだけでなく、将来の大病を防ぐという意味でも非常に重要です。

 

自分の体について、最終的に責任を取るのは自分自身です。

 

いざという時になって困らないように、今、この瞬間できることをきちんとやりたいですね。


 寝ても疲れが取れない|TOP

関連したページ

お喋りで取れない疲れを解消
寝ても取れない疲れはその多くに何かしらの原因があります。ここではそんな疲れを解消するのに役立つお喋りがもたらすストレス解消効果についてご説明したいと思います。
首マッサージで取れない疲れを取る
寝ても取れない疲れはその多くに何かしらの原因があります。ここではそんな疲れを直接解消するのに役立つ首のマッサージについてご紹介したいと思います。
夜のメールチェックを控える
疲れはその多くに何かしらの原因があります。ここではそんな疲れを解消するのに役立つ方法で意外と知られていないメールチェックを挙げたいと思います。
泣くことで疲れを取る
寝ても取れない疲れはその多くに何かしらの原因があります。ここでは泣くことがそんな疲れを解消するのに役立っていることについてご紹介したいと思います。
家電量販店で疲れを解消!?
疲れの解消法には様々なものがありますが、意外と忘れられがちなのが大きな家電量販店を活用した疲労回復方法です。私もこれを初めて聞いたときは目から鱗でした(笑)知らなかった人は是非活用を検討してみてはいかがでしょうか
昼寝で疲労を取り除く
疲労を最も効果的に取り除く一番の方法は睡眠であることに間違いありませんが、その中でも特に昼寝は非常に優れた疲労回復効果があることで有名です。ここではそんな昼寝の効能についてご説明したいと思います。