昼寝で疲れを解消

昼寝で疲労を取り除く

昼寝で疲労を取り除く

昼寝をする姿

 

昼食後にウトウト・・・というのは誰しもが経験したことがあると思いますが、実は昼寝は普段溜まっている疲労を回復させるのに効果的です。

 

その理由としては昼寝は夜間の睡眠と比較して3倍の疲労回復効果があると言われているからです。

 

『3倍』というと大げさに聞こえるかもしれませんが、皆さんも昼寝から目覚めた時のあの「シャキッ!」とした感じを思い出して頂ければ昼寝の効果はかなり実感できると思います。

 

例えば、朝に普段より30分長く寝ても体が休まった感じは全くしませんが、平日の昼下がりにふと30分ほど昼寝ができると物凄く体が休まったような感覚を得られますよね。 

 

アレです。アレこそが昼寝の効果といえます。

 

 

また、昼寝には記憶力の向上を促す働きがあることも確認されています。米国の研究機関による調査によると、昼寝をしたグループの方がしなかったグループと比較して記憶の定着率が高かったそうです。

 

そして、昼寝はコーヒーよりも体にとって良いということも見逃せません。

 

というのも、コーヒーに含まれるカフェインが与える効果はあくまでも覚醒作用(眠たくならなくする)であって、眠りを求めている体を強引に起こしているだけに過ぎません。

 

したがって、コーヒー(カフェイン)の常用は気付かないうちに疲労を体に蓄積していってしまうものであるといえます。

 

 

昼寝、というとネガティブなイメージで考えられがちですが、体の健康を考えるならば是非とも習慣化して取り入れたいものですね。

 

海外(特にスペイン)ではシエスタといってお昼の13:00〜16:00まで昼寝も含めた休憩を取ることは一般的ですし、ここまでではなくとも昼休憩を取る国は珍しくありません。

 

 

最近では日本でも会社全体の取り組みとして昼寝を導入している企業もあるくらいですし、そういった企業が高い生産性を保ったまま成長していけばそれを真似する企業も現れるのではないでしょうか。

 

たかが昼寝といわず、たまには意識して寝てみるのもいいかもしれませんね。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 寝ても疲れが取れない|TOP

関連したページ

お喋りで取れない疲れを解消
寝ても取れない疲れはその多くに何かしらの原因があります。ここではそんな疲れを解消するのに役立つお喋りがもたらすストレス解消効果についてご説明したいと思います。
首マッサージで取れない疲れを取る
寝ても取れない疲れはその多くに何かしらの原因があります。ここではそんな疲れを直接解消するのに役立つ首のマッサージについてご紹介したいと思います。
夜のメールチェックを控える
疲れはその多くに何かしらの原因があります。ここではそんな疲れを解消するのに役立つ方法で意外と知られていないメールチェックを挙げたいと思います。
泣くことで疲れを取る
寝ても取れない疲れはその多くに何かしらの原因があります。ここでは泣くことがそんな疲れを解消するのに役立っていることについてご紹介したいと思います。
家電量販店で疲れを解消!?
疲れの解消法には様々なものがありますが、意外と忘れられがちなのが大きな家電量販店を活用した疲労回復方法です。私もこれを初めて聞いたときは目から鱗でした(笑)知らなかった人は是非活用を検討してみてはいかがでしょうか
睡眠は自分でコントロールできる
眠れない・寝ても疲れが取れないという多くの人はその自分の不遇さに嘆き悲しんでいるケースが往々にしてありますが、諦めるのはまだ早いというもの。 現代は睡眠障害に関わる研究がどんどん進んでいて、その解決も容易になってきています。諦める前にまずは正しい知識を身に付けてできることから始めてみませんか?