疲れの原因は就寝環境

疲れの原因は就寝環境?

寝ても取れない疲れの原因は就寝環境?

皆さんは普段寝ている寝室の就寝環境はどのようなものでしょうか?

 

疲れを取るには睡眠が重要な意味合いを持っていますが、就寝環境がその睡眠に密接に関わっていることは意外と知られていません。

 

そこで、ここでは良くない就寝環境についてご説明したいと思います。

 

寝室の明暗が中途半端

ka-ten

 

人間の体は光を浴びると目が醒めて、暗くなる眠たくなるようにできています。そのため、夜寝る時は暗くして、朝をカーテンを開けて明るくするのが鉄則です。

 

しかし、当たり前ですがこれが上手くできていないと睡眠の質が落ちて疲労回復効果を十分に得ることが難しくなります。

 

今は高性能な遮光性カーテンやアイマスクは沢山売っているので、それらを上手に活用して寝る時は部屋をしっかり暗くしたいですね。

 

寝室の電気が白熱灯

hakunetsu

 

気持ちをシャキッとさせてくれる白熱灯ですが、寝室で白熱灯を使うのはおススメできません。

 

というのも、白熱灯には交感神経を刺激して体を覚醒状態にする働きがあるからです。

 

これと同じ理由で、眩しいくらいの明るさで私たちを惹きつける大型家電量販店に夜行くのは交感神経を刺激するので良くありませんね。

 

パジャマに着替えずそのまま寝ている

pazyama

 

パジャマの効果は体をラクにさせることで深夜の寝返りを行いやすくするというだけに留まりません。

 

パジャマを就寝時の制服のように着用することで脳に眠りのスイッチが入り、体が睡眠モードに速やかに以降できるという働きがあります。

 

朝、体がダルくてるスーツを着れば頭が醒めて仕事モードになるのと似ていますね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 寝ても疲れが取れない|TOP

関連したページ

いびきは疲れを取れなくする
寝ているのに疲れが取れない人の中には大きないびきをかいているという人が少なくありません。そこで、ここでは疲れといびきの関係について説明したいと思います。